スポンサードリンク

2009年10月02日

ワキガの手術方法

耳にしたことがある人も多いと思いますが、いくつかワキガの手術方法についてご紹介します。

マイクロリムーブ法と呼ばれるワキガの手術方法は、腋の下をしわに沿って5ミリ程度切開し、特殊な治療器を挿入して放射状にまんべんなくアボクリン汗腺を除去し、ワキガを治療する方法です。
この方法で行うワキガ手術は、外来だけで比較的簡単に手術を受けることができ、局部麻酔で行われるので安心です。

また、特殊な機器で皮膚の裏側から汗腺を削り取っていく方法が、皮下組織削除法によるワキガの手術です。
現在最も広く行われているワキガ手術の方法の1つがこの手術です。

汗腺の残存の確認ができないことから、傷が2ミリと小さく、効果も確実とはいえ、熟練した医師でないと完全に除去することができないようです。
マイクロリムーブ法の欠点である汗腺の残存の確認を、内視鏡を用いることで解決したのがスーパーリムーブ法です。
マイクロリムーブ法でも、これにより確実な効果をあげることができるようになっています。

また、レーザーによるワキガの手術方法もあり、汗腺を破壊するのにレーザーを使用するというものです。
微妙なサジ加減がレーザーによるワキガ手術の場合は難しく、効果は担当医によって差が出るので、慎重にクリニックを選ぶことが重要です。

ふつうワキガ手術の費用は高額で、15〜30万円ほどになります。しっかりと情報収集して、納得のいくワキガの手術を受けていただきたいものです。
posted by Nisikawa at 00:00| わきがの手術療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

ワキガ手術とは

ワキガは、漢字で書くと腋臭となり、何だか仰々しい印象があります。
このワキガ対策に手術を受けるという人がいるようです。汗を分泌する汗腺には、通常の水っぽい汗を分泌するエクリン汗腺と、ワキガの原因となるアポクリン汗腺があります。

アポクリン汗腺は脇の下や乳輪などに存在しています。
その独特の臭気をワキガ臭と呼んでいます。
アボクリン腺からの汗はエクリン腺の汗と見た目からして異なり、乳白色で粘度があり、鉄分や脂肪、脂肪酸、アンモニア、色素などが臭いの元となっています。

ワキガ体質と呼ばれる人は一般的にこのアボクリン腺が多い人です。
欧米の人はワキガが当たり前なので治療を考えてる人は少ないそうです。
日本人はワキガ持ちがあまりいないので、その分ワキガ体質の人は気に病むようになるようです。

このワキガ臭の原因となるアボクリン汗腺を体から取り除く手術が、一般的なワキガ手術ということになります。
汗の大半はエクリン腺から分泌されているため、汗の量を抑えるということにはなりません。

ボトックス注射によってワキガを治療するという手術もあります。
ボトックスという薬液を患部に注入することによって、自律神経に働きかけて汗の出にくい体質を作ります。
ボトックス注入手術にかかる時間は5分程度とごく短時間です。日常生活に制限を受けることなく気軽に受けることができますが、約半年ごとに注射を受けなくてはならないようです。
posted by Nisikawa at 23:27| わきがの手術療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

わきが手術の方法について

わきが対策の手術には、やり方が何パターンかあります。
中でも特におすすめなわきがの手術は、超音波を利用した方法です。
わきの下に小さい穴を開けて器具を差し込むので、
身体への負担が少なく手術後が目立たないのが、超音波によるわきが手術の特徴です。

わきがを作る部位だけを狙って処理してくれるので、後遺症や再発の危険も小さなものです。
痛みもほとんど無く短時間で済むので、大変優れたわきが手術方法として人気を集めているようです。
ですが、わきが対策手術の技術はまだまだ新しく、全てのクリニックで扱っているとは限らないため、
事前のチェックが必要です。また、わきが手術では、クリニック側の設備だけでなく、
技術や実績も結果に影響が出るようです。

体臭を気にかけすぎないように心がけ、
気持ちを楽にすることも症状軽減になります。わきがの状態や状況に応じて、
どのようなわきが手術がいいかは差があります。

カウンセリングではクリニック側とよく相談をして、最善の方法を選びましょう。
わきが手術によってどういった状況になりたいかをカウンセリング等で言っておくことで、
クリニック側からもそれに合う対応をしてもらえます。

わきが手術を行う際には、ただ医師からの説明を聞いているだけではなく、積極的に質問することを心掛けましょう。

アクセスアップ
アクセスアップ
アクセスアップ
posted by Nisikawa at 22:07| わきがの手術療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。